ネット婚活も街コンも早い行動が大切

先日、友達のユイと久しぶりにご飯を食べに行きました。

ユイと彼氏のお話(胃袋を掴んでも結婚できない)

ユイと会うのマリちゃんの結婚式以来だったので、約9ケ月ぶりでした。

マリちゃんの結婚式(えくるの街コンで出会って結婚)

しばらく会わない間に、ユイは36歳になっていまいした。

マリちゃんの結婚式で彼氏の愚痴をずっと言っていたユイ。

マリちゃんの結婚式後、ハルはハチ君との入籍に向けて顔合わせや引っ越しなどがありバタバタしていました。

なかなか会える時間がなく、「ユイ、大丈夫かな・・・」と心配していました。

当日、待ち合わせ場所にいるユイを見てびっくり。

あれ、なんか痩せた・・・というよりも、やつれてる?(・・;)

話を聞くと、彼氏とのことで精神的に参っているとのこと。

あぁ、9ケ月前よりも関係悪くなってるのか・・・(+_+)

ユイと彼氏

相変わらず彼は職場に近いユイの家に入り浸っているそう。

そして、ユイも相変わらず毎日朝昼晩のご飯を作ったり洗濯をしたりして尽くしていたそう。

職場恋愛&ほぼ同棲なので、休日はお互い自分の時間を大切にするために別行動。

食事はいつもユイの部屋でユイが作ったご飯を食べていました。

ユイが友達と会えなかった理由

「今日は外食したいな~」とユイが言うと、「職場の人にバレるからダメ」と言われていたそう。

付き合って1年半で外食したのは仕事帰りに2回、お会計は割り勘。

普段の食費や生活費は全てユイが払っています。

数回の外食くらい彼氏が出してあげればいいのに・・・。

なんだか話を聞いていて悲しくなりました。

ユイは2人分の食費と光熱費、自分の部屋の家賃で正直生活が苦しかったそうです。

「だから友達ともご飯行きたかったけどお金ないから誘えなかった」とのこと。

あとは、ご飯を作って彼の帰りを待つことが当たり前になっていて、彼中心の生活をしていたのも理由の一つみたいです。

禁断のケータイチェック

そんな生活の中、年末に修羅場が発生しました。

ユイが彼のケ―タイのLINEのパスワードを解除して禁断のLINEチェックをしてしまったのです。

「どうしてパスワードわかったの?」と聞くと、「適当に入力したら解除できた」とのこと。

こういう時、女性ってよくわからない力が働きますよね。

で、中身をみると・・・

20代の女の子(アユミさん)と楽しくやりとりしているトークを発見!

ないがしろにされていた!

女の子(アユミさん)とのやりとりの内容は

「今日はご飯連れて行ってくれてありがとうございました♪」

「すごくおいしかったです☆ごちそうさまでした♪」

「帰り、手繋いじゃいましたね(*^_^*)ドキドキしちゃった☆」

「結構酔っ払っちゃったね(>_<)」

など、2人で頻繁に食事に行っている内容でした。

しかも2人休みが一緒の日に「2人で出掛けようよ」と誘ったら、「仕事場にちょっと顔を出さなきゃだから無理」と断られた、その日もLINEの女の子(アユミさん)とデートしていたのです。

怒ったユイは、寝ている彼を叩き起して問い詰めました。

初めはしらばっくれていましたが、LINEを見たと言うと逆切れ。

「ご飯を食べに行っただけで浮気ではない!」と謝らない彼。

ユ:「私のこと好きなの?」
彼:「わかんない」

ユ:「私はあなたの何なの?」
彼:「彼女じゃないの」

ユ:「これから私とどうするか考えてるの?(結婚とか)」
彼:「考えてる」

ユ:「どう考えてるの?」
彼:「わからない」

ユ:「それって考えてないんじゃないの?」
彼:「・・・・・・」

以降、ユイが何を聞いても無言で完全無視。

お母さんになっちゃった

「ご飯食べに行っただけで浮気ではないと思うけど、肝心な時に話し合わないで無視して逃げるとかサイテーだよね」とユイ。

う~ん、そうじゃなくてさ、ユイとは外食しないのにその女の子とは外食してるでしょ。
そしてごちそうしてあげてる訳でしょ。

ユイが普段の食費は全て負担していて、その浮いた食費で彼は他の女の子にごちそうしていたんだよ?
ユイとは別行動していた休日に、他の女の子とお食事デートしてたんだよ?

もうさ、ユイは彼女じゃなくてお母さんじゃん!!!((+_+))

年明けにもう一度話し合いの場を設け、やり直すのであれば

  • 食費と光熱費は割り勘
  • 近いうちにきちんと2人で一緒に住む(同棲)
  • 将来のことを考える

という条件を出したそう。

「変わってくれたら戻るけれど、今のままなら他の人にも目を向けようと思っている」とユイ。

彼を作ったのはあなたです

あぁ、やっと他の人を探そうという気持ちになったのね!

そんなサイテーな彼氏、もうスパッと別れちゃえばいいのにー!

でも、そのサイテーな彼氏を作ってしまったのはユイなんですよね。

ユイが彼に尽くしすぎて、言いたいことも言えずに我慢してしまった結果、サイテーな彼氏を作り上げてしまったのです。

現に彼はLINEの女の子(アユミさん)のことは食事に誘ったりデートしたりしているわけです。

根っからのヒモ男ではなく、ユイがダメダメなヒモ男にしてしまったんです。

時間がない

「春になったら街コンいってみようかな」とのんきなことを言っているユイ。

婚活仲間のマリちゃんがえくるの街コンに行って素敵な彼を見つけてサラッとゴールインしたので、街コンへ行けば簡単に彼氏ができると思っているようです。

えくる

確かにマリちゃんは旦那さんと街コンで出会ってから挙式までガ1年以内というスピード結婚でしたが、当時のマリちゃんは29歳。

でも、ユイはもう36歳。

1日・・・いや、1分1秒も無駄にはできない年齢です。

ユイは結婚と出産を望んでいます。

望んでいるけれど、「まだ大丈夫」という余裕があります。

余裕を持つことは大切です。

でもそれは気持ちに余裕をもつという意味であり、時間に余裕があるわけではないのです。

ユイの思い描いている自分の将来像を手に入れるには、もう時間がないのです。

ユイは自分磨きを頑張っているので、36歳には見えません。
綺麗だし若く見えます。
ユイ自身も「私、まだ老けこんでないしイケると思うんだよね」と言っていました。

でもね、いくら若く見えても、綺麗でも、36歳なんです。

「綺麗」「若く見える」「美人」っていうのはメインではなくてあくまでオプション。

36歳に見えない~!若~い!

だからっといて32歳にはなれないんです。

「綺麗」な36歳。

「若く見える」36歳。

「美人」な36歳。

これが現実。

婚活方法を見繕うのはもったいない

街コンに興味はあるけれど、もう少し落ち着いてから。

合コンは周りが結婚してしまってメンバーがいないので難しい。

そもそもユイは新しい出会いの場に出かけるのが億劫だと思っているようです。

そんなユイに、ネット婚活で素敵な相手を見つけて結婚したハチ君の先輩夫婦の話をしました。

ネット婚活で出会って結婚ハチ君の先輩夫婦のお話

ユイの知り合いにもネット婚活で知り合って結婚した人がいるようで、「今はネットでの出会いも多いよね」と言っていました。

しかし、「私はまだそこまで結婚にがっついてないっていうか、ネット婚活に手を出そうって気持ちまで行ってない」とのこと。

ネット婚活 = 結婚に必死

というイメージがあるようです。

結婚するために必死だって思われたら嫌っていうプライドかもしれないけれど、
36歳はネット婚活では条件的にかなり厳しいです。

そして、40歳になったらさらに厳しくなる。

ネット婚活は最後の砦ではなく、歳をとればとるほど不利になる。

これは実際にネット婚活してみないと実感できません。

ユイのように「ネット婚活はリアルで結婚できない人が集まるところ」と捉えて除外してしまうのと、

「自分の婚活市場での価値を確かめるために登録だけでもしてみよう」と思えるのとは雲泥の差です。

実際、ハルは婚活市場での自分の価値を確かめたくて婚活サイトのユーブライドに登録しました。

⇒ハルがユーブライドで婚活した時のお話

いろいろな婚活を試しましたが、ネット婚活での経験は婚活する上でかなりプラスになりました。

  • 自分の婚活市場での価値
  • 婚活男性が求めていること

この2つはネット婚活しなければ気付くことができませんでした。

ユーブライドならきっと見つかる理想の相手

ユイには冬の間はネット婚活で婚活のお勉強をして、春に街コンデビューするのがオススメだよ!と言いたかったけれど、
ネット婚活を初めから除外しているユイには言えませんでした。

出会いも、いい男も、自分が作るもの

人は自分を映す鏡と言います。

出会いがないと嘆いている間はいい出会いはありません。

いい男がいないと嘆いている間はいい男に出会えません。

出会いは待っていても来てくれません。

合コンでも婚活でもなく、自然に出会いたい。

その自然ってなに?何をもって自然って言うの?

出会いは作れる。

いい男も作れる。

それには積極的に出会いを求めて行動し、自分がいい女でいることが大切。

自分に自信がないと、男性に尽くしてしまいます。

尽くしてしまうと、尽くさなければ関係維持できなくなってしまいます。

ユイの彼氏は尽くして欲しかったのではない。

ユイが尽くしてしまった結果、駄目な彼氏になってしまった。

その彼氏が求めていたものは、尽くしてくれる女性ではなく、自分が夢中になれる女性。

食事に誘って、美味しいご飯をごちそうして、喜んでくれる女性。

ユイは彼にそれをさせなかった。

職場が一緒だから外食できないというのは言い訳。

それなら遠くへ食事に行けばいい。

そんなにバレることが心配なら変装して食事にいけばいい。

それをしなかったのは、ユイにそれをしてあげる価値を感じなかったから。

ユイのように、時間に余裕があると思っているのに心が焦っている人はうまくいきません。

結婚できるか心配。
子供もほしいし。
でも、私は普通の36歳よりも若く見えるから大丈夫。

これではダメ。

いい人に出会って結婚して子供もほしい。
私を大切にしてくれる男性がいいな。
もう36歳だから真剣な出会いを求めてたくさん行動してみよう!

行動は素早く、心には余裕を。

そうすれば、必ず素敵な相手と出会えうことができます。

ユーブライド

タイトルとURLをコピーしました