胃袋を掴んでも結婚できない

「結婚するには男の胃袋を掴め」

昔からこんな風に言いますよね。

今日は、胃袋の掴み方を間違えると結婚できないよーというお話。

彼氏にないがしろにされてる女性は必見の内容です。

尽くし過ぎる女

先日女子会をしました。

メンバーは35歳のユイ、31歳のアイコ、29歳のサチ、そしてハルの4人です。

この女子会は元々8人くらいメンバーがいましたが、みんな結婚してしまい今は半分の4人です(^_^;)

先日結婚式を挙げたマリちゃんもこの女子会メンバーの一人でした。

この女子会は、いつもユイがメンバーを集めたりお店を予約したりしてくれます。

ユイはサバサバしたあねご肌の女性です。

同い年の友達はほぼ全員結婚しているので少し焦っている感じでした。

ユイには同じ職場で働いている彼氏がいます。

付き合って1年ですが関係は微妙で、メールを無視されたり職場以外で合う時間を作ってくれなかったりとうまく言っていない様子。

ユイは付き合う前から自分の部屋に彼を招いていました。

そして、彼のために朝・昼(お弁当)・晩食事を作っていました。

最初からそんなに飛ばして大丈夫?って思ったけれど、ユイは「同棲みたいで楽しい(*^_^*)」と言っていました。
彼と2人で外に遊びに行ったりご飯を食べに行ったことは一度もないとのこと。

正直ハルは「それってお母さんか家政婦さんと一緒じゃないの?」と思っていまいした。
でも、ユイが楽しそうだったので口出しはしませんでした。

初めのうちは

「自分が作ったご飯を食べてくれるのがうれしい」
「食べてくれる人がいると作りがいがある」

と言っていたユイ。

それがだんだん

「まぁ、大変だけど楽しいかな」
「ご飯用意して待ってるけど帰って来なかった」

に変わりました。

そしてついにマリちゃんの結婚式の時には

「彼から連絡無視されてる。マジで最悪。」
「せっかくの結婚式なのに、気分悪い。」

を連発していました。

ハルはこうなると予測していました。

外で遊べない理由を「2人とも同じ職場で接客業だから」って言ってたけれど、仕事帰りにちょっと散歩したりご飯を食べに行くことはできますよね。

ユイの家に来る時間、外で会うことだってできる。

でも、ユイの家に行けば勝手にご飯が出てくる。
綺麗な部屋で快適に過ごせる。

そんな風になったらわざわざ彼女をデートに連れて行こうなんて思わないですよね。

家で料理を振舞うのは結婚した後でいいんじゃない?

ハルも過去の恋愛では彼氏を部屋に招いてご飯を作っていました。

正直、楽しいのは初めの3回までです。

当時の彼は付き合う前は車でドライブに連れて行ってくれたり、ご飯を食べに連れて行ってくれたりしました。

付き合い初めの頃、「家でまったりDVD見ながら2人で過ごすのが好き」と言われました。
それを聞いてハルは「彼は家で過ごすのが好きなんだ」と思いました。

それからは「今日どうする?」と聞かれると、「うちでご飯食べよう」と答えるようになりました。

本当は外でご飯が食べたい。

お散歩したり新しいデートスポットに行ったりしたい。

でも、「どうする?」って言われると「じゃあうち来る?」と言ってしまう。

なんかもう、「どうする?」が「家行っていい?」と同じに聞こえるんです。

で、モヤモヤしたハルは一度不満をぶつけました。

「たまには外でご飯食べたり、遊びに行ったりしたい」と。

すると彼は、「いつもハルが家でいいって言うから家が好きなのかと思ってた」と言いました。

それならどうするって聞いた時に「外でご飯食べたい」って言えばいいじゃんっていうのが彼の言い分。

でも、ハルは彼に「どうする?」じゃなくて「いつもハルの家でご飯食べてるから、今日は外でご飯食べようか!」って言ってほしかったんです。

俺はハルの家でもいいけれど、ハルが外で食べたいって言うなら外で食べようみたいなのは嫌だったんです。

彼には嫌われたくない、でもハルの家にばかりくるのは嫌だ、でも自分で外に行きたいというのも嫌だ。

彼は元々アウトドアやお出かけが好きな人なので、友達とは遊びに行ったり外でご飯を食べたりしていました。

それもハルをモヤモヤさせた原因の一つ。

最終的にはハルのモヤモヤが再爆発し、「私はあなたが家が好きだっていうから家に来ていいって言ったけれど、本当は外に出掛けるのが好き。あなたは友達とは外に出かけるけど、私に出掛けようとは言ってくれない。お互いのこと全然わかってないよね」と言って、そのまま別れました。

付き合っている彼の胃袋を上手に掴む方法

さて、ハルの婚約者のハチ君。

ハルの家に一度もあがったことがありません。

過去の経験から、部屋に入れると「家デート」ばかりになると学んだからです。

ちなみにハチ君は寮なので、ハルもハチ君の部屋に行ったことはありません。

ハチ君には「何で部屋に入れてくれないの?」と聞かれたことがありますが、それは2人で生活する時の楽しみに取っておきたいと話すと納得してくれました。

部屋に入れない方がいいのはわかった。
でも、女性なら彼に手料理を食べさせてあげたい!っていう気持ちがありますよね。

そんな時は、「お弁当」がオススメです☆

ハルの料理レベルは中の下くらいで、誰かにお弁当を作ったのはハチ君が初めて。

毎回お弁当を作ろうなんて思わなくていいんです。

天気のいい日に公園デートする時や、ちょっと旅行で遠出する時。

いつもありがとうの気持ちを込めてお弁当を作る。

難しいレシピじゃなくていいんです。

ハルはいつも

  • 唐揚げ
  • 卵焼き
  • 野菜のおかず
  • たこさん&かにさんウインナー
  • おにぎり(鮭、こんぶ、明太子など簡単なもの)
  • 余裕があればサラダ

以上!

これを使い捨てのパックに詰めて持参します。

はじめてハルがハチ君にお弁当を作ったのは付き合って半年経った時でした。

ハチ君が温泉旅行に連れて行ってくれたので、お昼ご飯にお弁当を持って行きました。

ハチ君は「お弁当作ってきてくれたの?!」と大喜び。

外食でハチ君の食の好みもわかっているので、好きなものをたくさん詰めました。

全部「美味しい~!」と言って食べてくれました。

特に唐揚げは「食べ終わっちゃうのがもったいない・・・(>_<)」と言ってました(笑)

そこで「じゃあ、次も作ってくるね!」なんていう張り切りは見せなくても大丈夫。

「また食べたいな」って言われたら「また作るね」って返せばOKです。

1ヶ月くらい経って「またハルさんのお弁当が食べたいな~」と言ってきたら作る感じです。

今まで5回お弁当を作りましたが、食べるたびに「美味しい!食べ切っちゃうのもったいない!」と言います。

家でご飯だとこうはいかないです。

お弁当は「自分のためにわざわざ作ってくれた」という気持ちが強いんだと思います。

あっ、毎日会社で食べるお弁当を作るのとは別ですよ!

あくまで、外デートで食べるお弁当です。

家デートは思い切ってやめちゃえ!

ハルは家デートは女性を結婚から遠ざけると思っています。

自分の家へ招くのも、彼の家へ行くのもどちらも反対です。

えぇ~!そんなの今時ありえない!

ハルもそう思っていましたが、勇気を出してハチ君に伝えて良かったと思っています。

ハチ君はハルに会うために色々なデートプランを考えてくれます。

外に出掛けるデートプランを考えないとハルに会えないから。

春はお花見

夏は花火やプール

秋は紅葉

冬はイルミネーション

たくさんお出掛けしました。

家で一緒に過ごすなんて結婚したらいくらでもできるんです。

だから、付き合っているうちはたくさんデートして、たくさん思い出作った方がいいですよ。

結婚するには見切る勇気も必要

ユイは彼氏に結婚についてどう思っているか聞いてみたそうです。

彼は「年齢のこともあるから考えていないことはない」と答えたそう。

「だから結婚を考えて付き合ってくれてると思う」とユイ。

うーん、ハル的にはたぶん彼はユイの年齢のこととか結婚とか真剣に考えてないと思う。

いわゆる「当たり障りのない答え」というかんじ(^_^;)

結婚する気があるならもっと大切にするはずだもん。

ユイのように彼氏にないがしろにされている女性のみなさん。

思い切って家デート禁止にしてみてください。

それで離れていくような男性は、いずれ離れていく男性です。

ユイにも新しい恋に進んでもらいたいけれど、言えないなぁ。

でも、このページに辿り着いたあなたには言っちゃいます!

今は出会いなんていくらでも作れるんです。

あなたを大切にしない男性とずるずる付き合っているのはもったいないです。

特に結婚願望のある女性。

あなたは彼を変えることができますか?

変える自信のない人はハルのようにスパッ!と別れて新しい恋を探すのがオススメですよ。

会員登録不要・一人から参加OK!合コンするなら[ Rush (ラッシュ)]
合コン

タイトルとURLをコピーしました