結婚できなかったらどうしよう

婚活している人もしていない人も、一度は不安に思ったことありませんか?

「このままずっと独身だったらどうしよう」

「結婚できなかったらどうしよう」

ハルが初めて不安を感じたのは26歳の時でした。

当時は学生時代の友達と月1ペースで集まっていました。

20代前半の時は彼氏のなど恋バナで盛り上がっていました。

20代前半で結婚した友達もいましたが、「若いのにすごいなぁ」と自分とは別世界という感じで話を聞いていました。

しかし、26歳になると「結婚」というキーワードが頻繁にでてくるようになりました。

みんなが結婚とういう次のステージに行ってしまう。

当時のハルは彼氏がいなかったため、「30歳までに結婚するにはそろそろ彼氏を作らなければ」と焦りを感じました。

結婚前提に付き合える相手を探すために婚活をしようと思いました。

しかし、ハルはどうやって婚活していいのかわかりませんでした。

お見合いパーティーや結婚相談所というものは知っていたので検索してみましたが、たくさんありすぎてどこを選べばいいのかわかりませんでした。

婚活の仕方なんて誰も教えてくれない。

ハルはめんどくさくなってしまい、「まだ20代だから大丈夫」と婚活することを諦めてしまいました。

その後も突発的に不安になることが何度もありました。

何もしない癖に、ただ漠然と将来が心配。

30歳までに結婚できなかったらどうしよう。

一生独身だったら親が悲しむかな。

病気で働けなくなったらどうしよう。

歳をとって死んだ時、お葬式とか身辺整理は誰がやってくれるんだろう。

めちゃくちゃ先のことまで考えて、とにかく不安になりました。

ここまで不安になるのならば、何か行動に移すべきだったんです。

でもまだ遊ぶ友達がいるし、20代だという余裕が邪魔をしてしまったんです。

そして気付けば30歳。

あれ?30歳って別に20代と変わらないじゃん。

そこで「まだまだイケる」という変な余裕が生まれます。

正確に言うと29歳の時に史上最大級の不安がおそってきますが、30歳になった瞬間に「あれ、どうってことないわ」と消え去ってしまうのです。

自分が恐れていたものが思ったより大したことなかった。

30歳になる恐怖を超えてしまうと、しばらく恐怖を感じる明確なラインがなくなります。

次に来るのは5年後の35歳の時に感じる、子供が産めなくなるラインでしょう。

しかし、そこで「結婚できない!」と焦っても遅いんです。

少しでも不安を感じた時に動き出さなければいけないんです。

今は昔に比べてかなり結婚相談所の数が増えてきたので選ぶのも大変です。

結婚相談所の情報は無料で一括請求できるサービスを利用するのがオススメです。

一括請求サービスを使うことで結婚相談所を探す時間が短縮できます。

その分、選ぶことにじっくり時間を使うことができます。

結婚相談所はまだ早いと思ったあなた。

まだ早いからこそ結婚相談所について知っておくべきです。

なぜなら、早いうちから結婚相談所についての知識を付けておいて損はないからです。

結婚相談所に入会しなくても、結婚相談所のしくみや費用を知っておくだけでもかなり結婚についての考えに変化が出ます。

結婚相談所ってこんなにお金がかかるんだ。

それなら20代のうちに合コンやパーティーで積極的に相手を見つけよう。

そうやって動くことの原動力になることもあるんですよ。

タイトルとURLをコピーしました